MENU

脇汗とわきがの原因と効果的な対策を一挙大公開!

脇の下が汗ばんでいる女性

 

脇汗とわきがの症状は、それぞれ原因が異なっていることに加えて対処方法も変わっていくとされています。

 

この記事ではわきがの原因、脇汗とわきがの違い、各症状の改善方法に関してみていきたいと思います。

 

わきがの人の脇汗の臭いのもと

 

脇汗をかく人全てが、わきがであるとは限りません。これは、汗がどの汗腺から多く出ているかにより、異なってきているためであると考えられています。

 

通常の脇汗は、大半が水分で構成されるものであり、臭いを発生させる要素がなく、無臭であることが多いです。

 

エクリン腺という部分から排出される脇汗は、主にこのような特徴を持っています。対して、わきがの原因となる脇汗は、アポクリン腺から排出される脇汗がもとになっています。
こちらはエクリン腺から排出される脇汗とは異なり、尿素やアンモニアなどの物質が含まれています。

 

また、最近によって分解が進められるため、そこから悪臭が放たれるのです。わきがの体質を持っている人は、このアポクリン腺が通常の人に比べて活発に動いており、脇汗の臭いが強くなる傾向にあると考えられています。

 

混同されやすい脇汗の臭いとわきがの臭い

 

脇汗の臭いと、わきがによって発生する臭いは、しばしば混同されがちですが、根本的な原因自体が大きく異なっています。

 

先ほどの汗腺の違いが最も大きなものであると考えられており、アポクリン腺からの発汗が多い人はわきがに該当すると認識されています。

 

また、人によってはアポクリン腺が存在しないこともあるとされており、そのような人は間違いなくわきがではないと判断されます。しかし、脇汗の臭いは人によって強さが違い、程度によってはセルフケアを継続することが求められています。

 

臭いに関しても、脇汗の臭いとわきがが原因となった臭いでは、大きく違っていきます。

 

しかし、日頃から臭いのケアを怠らずに続けていくことは、共通して望まれることであると考えられているため、エチケットの一環として続けることが望ましいのではないかと思います。

 

また、脇汗の臭いとわきがの臭いは、発汗量に比例して臭いが強くなったり、脇汗の量がどちらかの場合で多くなったりするといったことはありません。これも、それぞれの人の健康状態や精神状態によって大きく左右され、その時々で状況が変化していくことが一般的です。

 

脇汗とわきがの改善方法

脇汗やわきがの症状は、適切に対処することで改善することが可能であるとされています。

 

特に日常的なケアをしっかりと行うことで、脇汗、わきがのいずれも症状が悪化しないで済むと考えられており、セルフケアの重要性が高まっています。現在ではデオドラント用品が充実し、脇に直接塗るタイプのクリームやスプレーなどが販売されています。

 

これらの製品は脇汗、わきがの両方に作用するため、こまめに汗やその臭いが気になるという人は使用することが良いのではないでしょうか。

 

また、わきがについては、生まれつきの体質であることが多いと考えられています。

 

アポクリン腺の量が小さな頃から多い人は、わきがになりやすいとされています。セルフケアで改善が見られない場合には、外科的な手術を受けることも望ましいとされています。

 

アポクリン腺の除去を手術によって行い、わきがの原因となっている部分を無くすことが有効だと言えます。

 

実際に、こうした手術によって、わきがを大幅に改善したり、症状を完治させたりする人も複数存在しています。

 

脇汗とわきがの症状に関するまとめ

脇汗やわきがの症状は、似たようなものであると考えられていることから、混同されやすくなっています。

 

しかし、脇汗とわきがは原因となっているものが大きく異なっており、対処方法にも違いがあると言えるでしょう。日常的なセルフケアの重要性に関しては共通すると考えることができますが、わきがについては体質的な問題であるという側面が強くなっています。

 

そこで、わきがの治療には外科的な手術という選択肢が存在しており、脇汗の症状に比べてより根本的な部分と向き合う必要性があると思います。

 

脇の汗が多いことや、臭いが気になるという人は、その原因を究明することが先決となっていくのではないでしょうか。